ネイリストの資格制度

日本では、ネイリストになるための国家資格はありません。

 

民間資格であるJNECの「ネイル検定1〜3級」を取得するか、インターナショナルネイルアソシエーション(INA)の「PA」、「AA」、「AAA」を取得するのが一般的です。

 

人気のJNECの検定試験ですが、ネイル検定3級の合格率は87%、2級40%、1級37%です。
JNECの試験は、1月、4月、7月、10月に開催されます。会場は、札幌・盛岡・仙台・東京・名古屋・新潟・金沢・大阪・広島・高松・福岡・沖縄で試験が行われます。

 

まずは、JNAのネイル検定3級を目指しましょう。
合わせて「ネイルサロン衛生管理士」の資格も取っておくと良いです。

 

ネイルサロン衛生管理士も日本ネイリスト協会(JNA)が主催している資格制度です。例えば、「ジェルネイルを安全に楽しむために」というような安全性や衛生面等に関する資格制度になっています。

 

ネイリストは、資格が無いとできない仕事ではありませんが、就職の際にどの程度のスキルを持っているかの判断基準になるのでネイル検定1〜3級を勉強していくのがオススメです。OLでも主婦でも学生でも、空いている時間を使って勉強できます。


このページの先頭へ戻る