ネイリストの仕事内容

ネイリストになったらどんな仕事をするのでしょうか。
ネイリストと言うと、すぐに思いつくのは、なんでしょうか。爪にマニキュアを塗ったり、爪のお手入れをするのが基本的な仕事ですね。

 

最近は、「ジェルネイル」、「スカルプチュア」が人気なのでこの二つがメインの仕事内容になります。ジェルネイルは「落ちないマニキュア」とも呼ばれ、平均1ヶ月も長持ちするので選ぶお客様が多いです。

 

マニキュアでは約1週間程度で剥がれてしまうので、月に1度通えば良いジェルネイルはとても需要が多いのです。自爪の上にジェルを塗りUVライトに入れて固めるのを繰り返します。

 

すぐに爪が折れてしまう方も、伸ばせることも特徴です。
スカルプチュアは、特殊な粉とリキッドで人工的に爪の長さを延長させることが可能です。
とても強い素材が使われており、デコなどを沢山盛り込めます。

 

高い技術力やセンスが問われ、学校を卒業してすぐにプロとして通用するかというと経験や技量が必要になります。ジェルネイルとスカルプチュアを比較すると、ジェルネイルの方が難易度が低い上に、お客様に好む方が多いです。仕事等で、あまり豪華に飾り付けたネイルより、比較的シンプルな日常使いのデザインが好まれる傾向にあります。


このページの先頭へ戻る