ネイリストの資格を取得したいなら

★ネイルスクール・通信講座で資格を取得しよう!

 

ネイリストになるためには、ネイルスクールに通うか、通信講座で学ぶ方法があります。ネイリストは、全く経験が無くて、知識も無い状態では雇ってもらえることはまずありません。

 

通える場所にネイルスクールがあるなら、是非通いたいですね。「近くにネイルスクールが無い」「通う時間がない」という方はネイルの通信講座がオススメです。

 

いずれにしても、最低限、通信講座は受講してネイル検定を目指すのが良いでしょう。

 

ネイルスクール・通信講座の種類は色々!
  • プロフェッショナル養成のためのネイルスクール
  • 趣味のネイルアートが学べるネイルスクール
  • 検定向けの本格的なネイルの通信講座
  • 趣味や習い事レベルで学べる通信講座

プロになりたいのか、趣味なのかで選ぶスクールや通信講座が変わってきます。
時間が取れなくてスクールは難しい方もネイルの通信講座は今かなり人気になっています。近い将来、ネイルサロンで働きたいと言う場合は、検定向け講座を受講するとよいでしょう。

 

 

ネイルスクールの場合は安くても30万円、高い所は100万以上する学校もあります。通信講座の費用は、7万〜18万位の間が主流です。

 

講座によってスクーリングがあるところもありますし、添削の回数が決まっていたり、無制限にメールで質問できるなど色んな特徴があります。


色んなスクールや通信講座があるので、比較するためにも気になる所はまとめて資料を取り寄せてみるのがオススメです。分割払いに対応しているところが多いので、毎月のお小遣いから費用を捻出して学ぶことも可能です。

 

▼今すぐスクール・通信講座を探す▼


ネイルスクールの資料請求と選び方

ネイルスクールを決めたいけれど、どうしても絞り切れない・・・という人は、まず気になっているネイルスクールの資料は基本的にすべて取り寄せたほうが良いでしょう。

 

でもあまりにもたくさん集めるとウンザリして結局全部見ないなんて事になりかねませんので、ある程度は絞ってからにしましょうね。

 

どういったポイントを確認するかと言えば、

  • 希望するコースがあるかないか、
  • 料金はどれくらいか、
  • 受講期間はどれくらいかかるか

などですが、仕事をしている人や時間の制限がある人の場合は、現実問題、通いやすさもしっかり考えたほうが良いです。ネイルスクールの場所もそうですし、開講している曜日や時間帯もチェックしましょう。

 

駅から近いかとか、融通がどれくらい効くかとか、自分がリアルに通い始めている姿を1週間のスケジュールを頭の中で想像してみて、現実的なスクールに絞り込むのが大事です。

 

その上で、次は大勢の人数で一緒に学ぶほうが良いか、マンツーマンがいいか、雰囲気がいいかなどを考えましょう。これは人それぞれ好みがあるので一概には言えません。

 

一緒に勉強する友だちがたくさんいたほうがやる気が出るという人もいれば、なるべく先生とじっくり対面したいという人もいます。ただ、あまり仲間作りばかりを求めると、年齢層が合わなかった時などモチベーションが下がってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

ネイルスクールの検索・資料請求はこちら


ネイル資格・ネイリスト検定

ネイル資格検定と呼ばれている試験がありますが、これは特に国家資格というわけではありません。

 

あくまでも技術レベルを相対的に明示出来るようにするために民間が認定している資格で、持っていなくてもプロフェッショナルにはなれるのですが、資格があるのと無いのとでは信頼性が変わってくるので、是非プロになるなら持っておくべきものでしょう。

 

資格を認定しているところもいくつかあり、権威のある資格試験をご紹介します。

 

ネイリスト技能検定試験(JNEC主催)、ジェルネイル技能検定試験(JNA主催)

どちらもとても受験者数の多い試験で、ネイリスト技能検定試験はすでに10年を超える実績があります。公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)が主催しており、受験者数は全国で10万人を超えるという大規模な試験です。現在ではJNEC主催でネイリスト技能検定、JNA主催でジェルネイル技能検定が行われています。

 

 

JNEC主催のネイリスト技能検定試験は「ネイル検定1〜3級」は、一般的なネイルの通信講座や養成スクールで学んでいる方が受ける検定試験です。

 

  • ネイル検定3級・・・
    ネイル検定3級は、基礎を知っているか、ネイルケアやネイルアートの基本的な技術や知識はあるのかが問われます。

  • ネイル検定2級・・・
    ネイル検定2級になるとグンと難易度が上がります。ネイルサロンで働いて通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、ネイルアートの技術と知識を共に有していることが必須です。

  • ネイル検定1級・・・
    ネイル検定1級は、トップレベルのネイリストとして通用する総合的な技術と知識を持ち合わせているかが問われます。

ネイリストとして働きたいのであれば、

まずは、ネイル検定3級を目指すのが良いでしょう。


ネイルスペシャリスト技能検定試験

特定非営利活動法人(NPO)法人I-NAIL-Aが主催する検定試験で、初心者や学生などを対象にしたA級/SA級の試験と、サロンのプロフェッショナルを対象としたPA/AA/AAA級の試験とがあります。試験は、学科と実技に分かれます。

 

 

インターナショナルネイルアソシエーション(INA)のPA、AA、AAAは、ネイル学校に通っている人や美容師専門学校でネイルを専攻している方が対象の検定制度です。

 

  • 「PA」・・・
    ネイリストとしての基本的な技能や知識を有するレベル。

  • 「AA」・・・
    技能や知識は習得済みで実践で通用するレベル。

  • 「AAA」・・・
    ネイルのスペシャリストとしての知識と記述を持っているレベル。

上記3つに3ランクに分かれています。JNECやJNA主催のネイル検定1〜3級やジェルネイル検定より難易度が高く、専門的な資格制度なので試験を受ける方の人数も限られています。


ネイリストとしての知識のベース、基本的な知識と技能からはじまって、最終的はサロンで通用する技術や知識、総合的な技能が問われます。世界で活躍可能なネイリストを排出するというのが目的ですので、簡単な試験ではありませんが、プロフェッショナルも合格のために勉強していますので、是非ひとつの目標としたいですね。

 

▼今すぐスクール・通信講座を探す▼



このページの先頭へ戻る